ダイナミクスのデザインとシステムの創成

ダイナミクスをデザインするための基盤となる「数理モデリング」と「システム制御理論」の研究を実施するとともに,その成果を先端科学分野や産業界へ展開しています.また,このような研究を通して,新しい未来を拓くようなシステムの創成を目指しています.

 

ニュース

2021年7月28日
有泉助教の論文がInternational Journal of Control, Automation, and Systemsのオンライン版に掲載されました.
2021年7月16日
D1の許が電子情報通信学会高信頼制御通信研究会でオーラルセッション研究奨励賞を受賞しました.
2021年05月28日
M1の中野が第65回システム制御情報学会研究発表講演会で学生発表賞を受賞しました.
2021年02月19日
本日の研究室説明会についてのアナウンス
2020年11月21日
M2の多賀が第63回自動制御連合講演会で優秀発表賞を受賞しました.
2020年11月19日
東教授が北九州市立大学と共同で実施したマルチエージェントシステムの多数決プロトコルに関する成果が,プレスリリースされました.
2020年04月27日
有泉助教の論文がIEEE Transactions on Cyberneticsのオンライン版に掲載されました
2019年06月14日
東教授の論文がIEEE Transactions on Industrial Informaticsのオンライン版に掲載されました
2019年06月14日
東教授が北大,東京理科大と共同で実施したデマンドレスポンスの診断技術に関する成果が,プレスリリースされました.
2019年06月04日
東教授の論文がIEEE Transactions on Industrial Informaticsのオンライン版に掲載されました.
2019年06月04日
東教授と北大,東京理科大のデマンドレスポンスの経済的価値に関する成果が,プレスリリースされました.
2019年05月22日
東教授の論文がIEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformaticsのオンライン版に掲載されました.
2019年05月02日
有泉助教の論文がAsian Journal of Controlのオンライン版に掲載されました.
» 続きを読む